CLUSTERPRO X System Resource Agent とは。導入するメリットについて

参考ページ:CLUSTERPRO X 4.0 for Windows リファレンスガイド
P1074~「システム監視リソースを理解する」

本記事では上記リファレンスガイドに沿って、「CLUSTERPRO X System Resource Agent」について紹介します。

CLUSTERPRO X System Resource Agent とは

CLUSTERPRO X System Resource Agentとは、以下の機能をもつ製品を指します。

CLUSTERPRO X System Resource Agent製品につきましては以下のモニタリソースに利用する際に必要なライセンスとなります。

・システム監視リソース

CLUSTERPRO X System Resource Agent 製品が登録されていない場合は、上記監視リソースを利用することが出来ません。

NEC サポート より

System Resource Agent が無いとどうなる

System Resource Agent  が無い場合、OS やハードウェアのステータスに基づいたフェイルオーバが発生しません。例えば、「メモリ使用率が継続的に90%以上を超えている」という状況において、通常の CLUSTERPRO X のみではメモリ使用率を検出できないため、フェイルオーバが発生しません。

つまり、System Resource Agent があれば「ハートビートの途絶から生じるフェイルオーバ」よりも早い段階で回復動作を実行出来るようになります

System Resource Agent が監視しているもの

監視しているのは以下の4つです。

  • プロセス
  • CPU
  • メモリ
  • ディスク

System Resource Agent については、実際にシステム監視リソースの設定画面を見ると理解が早いかと思います。

システム監視リソースの設定画面は以下のようになっています。

モニタリソース定義画面

起動しているプロセスの監視条件

システム全体で使用しているリソースの監視条件

ディスク容量の監視条件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)