CLUSTERPRO X System Resource Agent とは。導入するメリットについて

参考ページ:CLUSTERPRO X 4.0 for Windows リファレンスガイド
P1074~「システム監視リソースを理解する」

本記事では上記リファレンスガイドに沿って、「CLUSTERPRO X System Resource Agent」について紹介します。

CLUSTERPRO X System Resource Agent とは

CLUSTERPRO X System Resource Agentとは、以下の機能をもつ製品を指します。

CLUSTERPRO X System Resource Agent製品につきましては以下のモニタリソースに利用する際に必要なライセンスとなります。

・システム監視リソース

CLUSTERPRO X System Resource Agent 製品が登録されていない場合は、上記監視リソースを利用することが出来ません。

NEC サポート より

System Resource Agent が無いとどうなる

System Resource Agent  が無い場合、OS やハードウェアのステータスに基づいたフェイルオーバが発生しません。例えば、「メモリ使用率が継続的に90%以上を超えている」という状況において、通常の CLUSTERPRO X のみではメモリ使用率を検出できないため、フェイルオーバが発生しません。

つまり、System Resource Agent があれば「ハートビートの途絶から生じるフェイルオーバ」よりも早い段階で回復動作を実行出来るようになります

System Resource Agent が監視しているもの

監視しているのは以下の4つです。

  • プロセス
  • CPU
  • メモリ
  • ディスク

System Resource Agent については、実際にシステム監視リソースの設定画面を見ると理解が早いかと思います。

システム監視リソースの設定画面は以下のようになっています。

モニタリソース定義画面

起動しているプロセスの監視条件

システム全体で使用しているリソースの監視条件

ディスク容量の監視条件

Alert Service との組み合わせ

Alert Service でメール通報設定を行っていれば、System Resource Agent の異常時に以下のようなメールが届くようになります。

Message: 監視 sraw1 は異常を検出しました。 (11 : system resource 異常を検出しました)
Type :rm
ID :1509
Host :tp-cluster-sv02
Date :2019/12/24 17:29:35.269

一体何の異常を検知したのか

メールで通報してくれるのはありがたいんですが、デフォルトの状態だとCPU異常なのかメモリ異常なのか、一体何の監視で異常を検知したのかがわかりません。

確認方法として、Cluster WebUI の上部バーからログがダウンロードできるので、「alert」フォルダ内の「alertlog.alt」をテキストで確認する方法ががあります。

ただし、毎回ログをダウンロードして中身を確認するのは明らかに非効率の為、メールにエラー内容を含める方法をご紹介します。

System Resource Agent(sra)のエラー内容をメール本文に含める方法

まず、WebManager のクラスタのプロパティから「アラートサービス」タブを選択し、「アラート通報設定を有効にする」にチェックを入れ、その横にある「編集」をクリックします。

「追加」をクリックします。

カテゴリを「System Resource Agent」、モジュールタイプを「sra」、イベントIDを「20358」にしてください。

そして送信先として「WebManager AlertLog」、「Mail Report」、「EventLog(DisableOnly)」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

デフォルト

こう修正

同様にイベントID「20359」と「20360」を作成します。

20359

20360

最終的には以下のように3つがある状態になります。

こうすればどのシステムリソースが異常なのかがメールでわかるので便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)