EXPRESSBUILDER で OS 再インストール時に「ネットワーク接続」エラーになる

EXPRESSBUILDER から OS を再インストールする場合、通常はDVDの使用が一番楽です。

ただし、外付けDVDドライブが認識しないなどの問題で Windows 共有にある iso で OS を再インストールしなくてはならない場合があります。

インストールソースを「SMB/CIFS(Windows共有)」にした場合、以下の5つの項目を設定しなければなりません。

  1. サーバー名/IPアドレス
  2. 共有名
  3. ドメイン名(任意)
  4. ネットワーク共有ユーザー名
  5. ネットワーク共有パスワード

例えば「192.168.1.10\Temp」という共有フォルダを作成した場合は以下のように入力します。

  1. 192.168.1.10
  2. Temp
  3. (ブランク)
  4. TestUser
  5. P@ssw0rd

ネットワークサーバーに接続できません。ネットワーク設定を確認してください。

「SMB/CIFS(Windows共有)」で一番発生しがちなエラーです。IP も共有名も正しいはずなのにそうなる場合があります。理由は、「パスワードが間違っているから」です。

安心設計なのか単に不親切なだけなのか、パスワードが間違っている場合もネットワークエラーと表示されるので注意してください。

Windows Storage Server

Windows Storage Server のバックアップDVDはサーバ(Windows Server)のバックアップDVDを見た目は同じでも動作がことなります。つまり EXPRESSBUILDER から有効なメディアとして認識されません。Windows Storage Server は EXPRESSBUILDER ではなくメディア挿入後ストレージを起動し放置すると勝手に再インストールが行われます。詳細はメンテナスガイドに記載されています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)