ラッキングでケージナットを使わないやつ(笑)

ナット使わないとかあり得なくない?

先日 UPS のラッキングを行ったんですが、周りを見てみると同一型番(NEC N8142-108)のラッキングが何やら変に感じました。

よくよく見てみると、ケージナット無しで固定している。これはいけない(ナット警察)。

ナット無しでも固定はされていた

レールがラックの内側に来ているんですよ。「ネジ-ラック-レール」みたいな形になるので、一応固定はされます。

これ、レールがラックの外側にいて「ネジ-レール-ラック」の形になると、ネジが全くラックに固定されないので「ネジ-レール-ラック-ナット」にしないといけません。

ただし内側だと固定される…。でもナットを使わない…。

いやナットを使わないのはおかしい!普通レールが外側になってケージナットで固定や!

ナット無しが正解でした

マニュアルを確認してみました。

内側やんけ!ナット使ってないやん!

ええ…(ドン引き)

でもこれ、添付されている紙媒体で見ると下図のようにイメージが小さくて、レールが外なのか内なのか分からないんですよね。

レールが内側なのか外側なのかきちんとマニュアルを見ましょう!

内側ならナット不要、外側ならナットが必要です。

ただし、最近のレールは外側タイプでもナット不要なものも多いです。

レールの向きについて

レールの向きは勿論気を付けているはずですが、レールが逆向きでもラッキングできてしまう場合があります。

そのような場合は、「レールにはめるのに非常に苦労した」「はめたはいいが固すぎてスライドし辛い」などの特徴があるので疑ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)