VirtualBoxで共有フォルダのパーミッションをvboxsfから変更する方法

共有フォルダのアクセス権について

VirtualBox上のLinuxにマウントした共有フォルダは特定ディストリビューションだとパーミッションが少し特殊になります。

user@localsv:~$ ls -l
total 0
drwxrwx--- 1 root vboxsf 0 Mar 19 11:49 example

上記のように、root/vboxsfの770というパーミッションになるので、一般ユーザだとアクセスできません。

特定ディストリビューションと述べたのは、同じマウント方法を行っても「Ubuntu Desktop」と「Ubuntu Server」ではパーミッションが異なるからです。

Ubuntu Desktopはroute/routeの777
Ubuntu Serverはroot/vboxsfの770

特定ディストリビューションというよりはGUIとCUIのGuest Additionsの違いかもしれませんが、それはさておきこのようにvboxsfグループがパーミッションを握ってしまうとパーミッションの変更は出来なくなります。

見ての通りパーミッションは770ですので、このままだとその他のユーザに対するアクセスを全て拒否してしまいます。

パーミッションの変更方法

共有フォルダのパーミッションは変更できないのですが、このようなパーミッションになってしまう原因はVirtualBoxの共有フォルダ設定で「自動マウント」を行っている為です。これは仕様です。

例えばUbuntu Serverでも手動でマウントを行ってしまえばパーミッションはroute/routeの777になります。

なので、VirtualBox上で動作しているLinuxの共有フォルダのマウントポイントのパーミッションの変更方法についての回答は「手動でマウントしてください」です。

手動でマウントする方法は以下に記載しています。

VirtualBoxでLinuxに共有フォルダを手動マウントする方法

一般ユーザで突きたいだけならグループ追加でOK

もしパーミッションを変更したい理由が「一般ユーザでアクセスしたい」だけであれば、vboxsfグループにそのユーザを追加するのが最もシンプルです。

sudo useradd ユーザ名 vboxsf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)