ESXiインストール時に内蔵HDDが認識(表示)されない場合の解決策

注意

この記事の最終的な解決策は「内蔵HDDが認識されないなら外付けUSBメモリにインストールすればいいじゃない」という逃げの解決策です。よってあくまで検証環境におけるvSphere構築の参考にしてください。

先日ヤフオクで「IBM System x3650 M4」というサーバを約3万円で購入しました。

一番下の2Uがそれ。上はHPの1Uサーバが2台あります。

届いていざ vSphere 6.7.0 をインストールしようとするも、HDDが認識されない

まあまあ、よくわからないけどドライバ周りだろうと考え(予想はしていた)、テスト的にWindows Server 2019のインストールを試すもそっちでも認識されず。イメージ的には最近の Windows Server であればその辺のドライバの提供を受けていると思っていたのでこれは予想外。

その後も色々と試してみましたが、結局認識されることは無かったので最終的にはその辺に落ちていたUSBメモリにESXiをインストールするという暴力的な解決をしてしまいました。一応、ESXiをUSBメモリにインストールするということは珍しくないらしく、余っていたUSBメモリを指しただけで認識されたので簡単でおすすめです。

検証機にESXiをインストールしたいという事であればそれで万事解決なので皆さんもそうしてください(適当)。

ここから先は試したはいいもののダメだったことを載せておきます。

IBM(Lenovo)用のイメージでインストール

これ、未だにあやふやな部分です。いわゆる無印の ESXi のインストーラと、ハードウェアベンダごとに存在する ESXi のインストーラ。まあドライバやら何やらを良い感じに含めてくれているのかと思うので、IBM用のカスタムイメージでも試してみました。結果は変わらず。内蔵HDDは認識されませんでした。

カスタムイメージを作成

こちらのブログに、以下の内容が記載されていました。

 ESXi は標準で Intel 系以外の NIC と SATA 接続の HDD/SSD は認識しないためインストールできない。

確かにこのサーバ、購入時点でSATAのHDDが入っていました。なので「sata-xahci」というドライバが含まれるカスタムイメージを作成する必要がありますが、以下の参考サイトによるとどうやら 6.5 からは vSphere 側が対応したため sata-xahci は不要になったとのこと。

物は試しという事で、実際にやってみました。手順は以下の感じです。

  1. ESXi-Customizer-PSをダウンロード (PowerCLIで作業しやすいディレクトリ(C直下など)に置いてください)
  2. VMware Power CLI をダウンロードし作業用端末にインストール
  3. VMware Power CLI を管理者として起動し、以下のコマンドを実行します
    • Set-ExecutionPolicy Unrestricted
      • 実行しなかった場合セキュリティエラーで ESXi-Customizer-PS が起動できません
  4. VMware Power CLI で以下のコマンドを実行します
    • ESXi-Customizer-PS-v2.6.0.ps1 -v67 -vft -load sata-xahci
      • 「ESXi-Customizer-PS-v2.6.0.ps1」はダウンロードしたファイル名です
      • -v67はバージョン6.7という意味です
      • -vft はよくわかりません笑
      • -load の後に続くものをイメージに含めます
      • このコマンドだけで ESXi やドライバをダウンロードして固めてくれる優れものです
  5. できあがった iso をディスクに焼きます
  6. VMware Power CLI で以下のコマンドを実行します
    • Set-ExecutionPolicy Restricted

以上です。まあ意味はなかったんですが。

よって冒頭に話が戻り、最終的にはUSBメモリへのインストールに落ち着きました。原因がわかるようなスーパーエンジニアの方がいらしたら、ぜひともコメントよろしくお願いいたします。(これかな?レベルでも教えていただけると助かります。こちらで検証して結果を報告します。)

余談

Windows Server 2019のセットアップ中、ハードディスクや半導体ディスクが接続されているにもかかわらず、それらがセットアッププログラムから認識されないことがあります。これは、ディスクを接続する「ディスクインターフェイス」や半導体ディスクのドライバーがWindows Server 2019のセットアッププログラムに含まれていないために発生するものです。

上記のこともありますし、本当にドライバの情報が Windows Server 2019 にも ESXi6.7 にも一切無かったということなのでしょう。もしくは、そもそもディスクが入っていないか…。サーバ群の一番下にあって確認は面倒なので迷宮入りとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)