Windows Storage Server にソフトウェアをインストールしてもいいのか。

インストール自体は可能

Windows Storage Server に対してソフトウェアをインストールすることは可能です。普通の Windows Server と変わりません。

ライセンス上問題ないのか

マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項 MICROSOFT WINDOWS STORAGE SERVER 2016 STANDARD および WORKGROUP

上記のリンクをベースにお話しします。

結論としては Windows Storage Server へのソフトウェアのインストールはライセンス違反です。

ただし、一部のソフトウェアに関してはインストールが認められているようです。その一部とはこちら。

  1. サーバの管理
  2. サーバのパフォーマンス強化
  3. サーバの予防保守
  4. 無料のデータストレージ(データベース)機能

Windows Storage Server には上記のソフトウェアのインストールだけ行いましょう。

注意

管理用のソフトウェアだと思っていても開発元が「Windows Storage Server へのインストールは Microsoft の規約に反するので NG です」と謳っている場合があります。

ライセンス規約 原文抜粋

特定用途。製造業者またはインストール業者は、本サーバーを特定用途向けに設計しました。お客様は、当該用途に限り本ソフトウェアを使用することができます。お客様は、本サーバーの管理、パフォーマンス強化、予防保守、または無料のデータ ストレージ機能の提供のみを目的として使用するユーティリティまたは同様のソフトウェアを除き、追加のソフトウェア プログラムまたは機能をサポートするために本ソフトウェアを使用することはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)