Linux インクリメンタル検索の手引き

Linux はコマンド履歴を逐次検索する「インクリメンタル検索(incremental search)」という機能を持っている。

コマンドライン上でCtrl + Rを入力することでプロンプトが以下のような表記になる。

(reverse-i-search) ` ' :

その状態でキーを入力することで、逐次検索が開始される。主な操作方法は以下のとおり。

入力 内容
Ctrl + R 1つ前の検索結果へ移動する
Enter 現在の検索結果を実行する
Esc 現在の検索結果を表示した状態でコマンドラインに戻る
Ctrl + G コマンドラインに戻る(検索結果を破棄)

少し注意しなければならないのは、Enter を入力するとコマンドが即座に実行される点だ。コマンドを選択したうえで少しだけ内容を変更したい場合などは、Esc を使用する。

余談だが、コマンドの履歴を探す場合はを使用することが多いと思うが、Ctrl + PCtrl + Nでも同じ操作が可能だ。矢印キーは若干離れた位置にあるため後者の入力の方が速い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)