yumが失敗した場合はログ(/var/log/yum.log)を確認せよ

どんな時に yum.log を確認するのか

Redhat 系 OS を使用していると、「yum install」なんかに失敗する事が多々あります。

yum の失敗で分かりづらいのがソフトウェアをインストールする際です。

ソフトウェアをインストールする際、インストール中に自分自身が必要なパッケージを yum で引っ張ってくることも珍しくはありません。

もしもインストールに失敗した場合に、パッケージのインストールまでは正常に実行できたのかを切り分けるために yum.log を見たりします。

yum.logはどこにあるのか

CentOS 7.4 の場合、yum.log は以下のディレクトリに存在します。

/var/log

ただし、インストール直後の状態だと yum.log は存在しません。

yum 未実行の状態では yum.log は作成されていない

yum.log が作成されるのは yum コマンド実行後

yum.log は yum を使ったときはじめて作成されます。

例えば適当なパッケージを yum install します。

cifs-utils をインストール

インストール後にもう一度「/var/log」を確認してみると、「yum.log」が作成されていました。

yum.log が作成れている

yum.log の中身を見てみると、下図のように何月何日何時に何を行ったかが記録されています。

CentOS 7.4

まとめ

  • /var/log/yum.log は yum 実行時に作成される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)