Windows Server 評価版が10日間しか延長できない理由

評価版 Windows Server の有効期限を調べたことはあるだろうか。

例えば「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項 MICROSOFT WINDOWS SERVER 2012 STA NDA RD」には以下の文言が記載されている。

ライセンスの使用期限。お客様が取得される本ソフトウェアの評価版ライセンスは、180 日後に終了します。

つまり、少なくとも Windows Server 2012 R2 は180日利用できるはずだ。

実際に Google で検索しても「評価版は180日使えます!」や「延長すれば180日×〇回です!」という情報がたくさんある。

しかし、それらの情報を鵜呑みにしてしまい、実際に評価版を使用してみると以下のような現象に頭を悩ませる場合がある。

  • 1時間経過するとサーバが勝手にシャットダウンする
  • 180日有効なはずの有効期限が「10日」になっている

なお、上記の現象は評価版 Windows Server 2012 R2 に限った話ではなく、ほぼ全ての評価版 Windows Server に共通する話だ。

本記事ではその理由と、その状態から180日の有効期限を得るための方法を解説する。

ライセンスの有効期限を確認するコマンド

 

評価版 Windows Server の有効期限や残りの延長可能回数(リセット可能回数)を確認するにはコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行する。

slmgr -dlv

180日にならないのは「ライセンス認証」していないから

早速だが、評価版 Windows Serverを180日利用できない原因は「ライセンス認証」に失敗しているからだ。

評価版 Windows Server がライセンス認証を行っていることは意外と知られていない。

なぜなら、評価版 Windows Server のライセンス認証は ”自動” で行われるからだ。

評価版 Windows Server はライセンス認証に成功してはじめて180日の有効期限が与えられる。

評価版 Windows Server 2012 R2 のライセンス認証後の状態

評価版 Windows Server 2012 R2 のライセンス認証後の状態

ライセンス認証を行わなかった場合の有効期限は?

ライセンス認証を行わなかった場合の有効期限は Windows Server のバージョンによって異なる。

例えば Windows Server 2012 R2 は「有効期限切れ」つまり起動後1時間で自動的にシャットダウンされる。

評価版 Windows Server 2012 R2 インストール直後の状態

評価版 Windows Server 2012 R2 インストール直後の状態

Windows Server 2016 の場合はライセンス認証をしなくても「10日」の有効期限が付与されている。

評価版 Windows Server 2016インストール直後の状態

評価版 Windows Server 2016インストール直後の状態

本記事冒頭で述べた「1時間経過するとサーバが勝手にシャットダウンする」や「180日有効なはずの有効期限が「10日」になっている」は、評価版のバージョンが異なるだけで原因は同じというわけだ。

評価版の有効期限を180日にする方法

評価版 Windows Server の有効期限を180日にする方法は「オンライン環境にすること」。

つまりインターネットの先にいるライセンス認証サーバと通信ができる環境が必要ということになる。

ここでいう「オンライン環境」の定義は以下の3つだ。

  • インターネットに抜けることができること
  • 外部の名前解決ができること
  • proxyが存在する場合はproxyの設定を行うこと

簡単に言うとブラウザを開いて「google.com」のページが表示されれば、ライセンス認証は成功する。

自動認証のタイミング

オンライン環境になると、以下のタイミングでライセンス認証が自動で行われる。

  • サーバ起動時
  • 特定周期(時間?アクション?詳細不明だが待機していると10分くらいでアクティベートされる・・・)

なお、ライセンス認証は自動で行われるのを待つだけではなく、手動で行うことも可能だ。

手動でアクティベートする方法

以下の手順で、評価版 Windows Server を手動でアクティベートすることができる。

Windows Server 2012

Windows Server 2012 の場合は「システム」から「Windows ライセンス認証の詳細を表示」をクリックする。

「Windows ライセンス認証」が表示されるので、「ライセンス認証」をクリックする。

オンライン環境であれば「これで完了です。」と表示され、180日の評価期間を得ることができる。

Windows Server 2016

Windows Server 2016 の場合は「システム」から「Windows のライセンス認証」をクリックする。

「設定」画面がポップし、「Windows はライセンス認証されています」と表示される。

Windows Server 2012 R2 は手動アクティベーションができない

Windows Server 2012 や 2016 とは違い、Windows Server 2012 R2 は手動でアクティベートすることができない。

下図は Windows Server 2012 R2 の「システム」画面だが、「Windows のライセンス認証」とある。これは Windows Server 2016 と同じ文言だ。

クリックしてみると、Windows Server 2012 とも Windows Server 2016 とも違う画面が表示される。

当然、評価版にはプロダクトキーが存在しないため認証を行うことができない。

ただし、手動でアクティベートすることができないだけで、自動アクティベートは行われるため特に問題はないだろう。

Windows Server 2008 R2 は手動アクティベーションのみ

評価版 Windows Server のライセンス認証は自動で行われると述べてきたが、Windows Server 2008 R2 は例外で、ライセンス認証が自動で行われない。

そのため、手動で評価版のライセンス認証を行わなければならない。

Windows Server 2008 R2 をアクティベートするにはまず「システム」の「Windows ライセンス認証を〇日以内に行ってください。今すぐライセンス認証を行う場合はここをクリックしてください。」をクリックする。

ライセンス認証の手続き画面になるので、「Windows のライセンス認証の手続きを今すぐオンラインで行います」を選択する。

すると2~3秒程度でライセンス認証に成功する。この時点で有効期限が10日から180日に変わる。

「システム」に戻ると「Windows はライセンス認証されています。」になっていることがわかる。

有効期限の延長方法と注意点

評価版 Windows Server の有効期限は「slmgr -rearm」コマンドで延長することが可能だ。

ただし、バージョン毎に延長可能回数と有効期限(インストール時の有効期限など)が異なるので注意が必要になる。

インストール時の有効期限

 

ライセンス認証も有効期限の延長も行っていない状態の評価版 Windows Server の有効期限のこと。つまりデフォルトの状態。

 

例えば Windows Server 2012 R2 はライセンス認証を行わない素の状態だと「有効期限切れ」からスタートするが、Windows Server 2016 は素の状態でも10日の有効期限が与えられている。

 

ライセンス認証ができない環境の場合、Windows Server 2016 は Windows Server 2012 R2 に比べて10日長く使える。(実際は延長可能回数も1回多いので20日長く使える)

 

ライセンス認証ができる環境の場合、スタートの状態がどうであれ Windows Server 2016 と Windows Server 2012 R2 は認証後に180日になるので、最終的な総利用可能日数は延長可能回数に依存することになる。

評価版 Windows Server の総利用可能日数は以下の表と計算式を使用することで求めることができる。

バージョンインストール時の有効期限認証後の有効期限延長時の有効期限(オフライン)延長時の有効期限(オンライン)延長可能回数
Win 201610日180日10日180日6回
Win 2012 R20日180日10日180日5回
Win 201210日180日10日180日5回
Win 2008 R2 Std SP110日180日180日10日5回
Win 2008×64 Std SP160日60日60日3回
Win 2008×86 Std SP160日60日60日3回

※180日と連呼してきたが、Windows Server 2008 は少し特殊で、評価版のアクティベーションというものが存在しない。オフラインだろうがオンラインだろうが60日の有効期限がはじめから与えられ、評価版としてアクティベーションすることができない。どのような環境でも延長時の有効期限は60日で、延長可能回数は3回だ。

オンライン環境の場合

認証後の有効期限 + 延長時の有効期限(オンライン) × 延長可能回数

オフライン環境の場合

インストール時の有効期限 + 延長時の有効期限(オフライン) × 延長可能回数

例えば Windows Server 2012 R2 の場合はオンライン環境だと「180日 + 180日 × 5回 = 1,080日」利用可能。オフライン環境だと「0日 + 10日 ×5 = 50日」利用可能だ。

(Windows Server 2012 R2 の有効期限を「60日」と記載していたり、Windows Server 2016 の有効期限を「1,080日」と記載しているサイトがよくあるが、色んな意味で間違っている。)

有効期限をストックすることは可能なのか

「slmgr -rearm」を複数回実行することで、有効期限を積み重ねることはできるのだろうか。

これは当然不可能だ。有効期限の最大値は「180日」固定(2008・2008R2は60日)なので、延長可能回数を無駄に消費することになる。

なので、有効期限はギリギリになってから延長する方がお得だ。

延長可能回数ではなく「リセット可能回数」

これまで分かり易さ重視で「延長可能回数」と記載してきたが、実際には「リセット可能回数」であることは意識しておかなければならない。

何を意識すればいいのかというと、「slmgr -rearm」は「有効期限の延長」ではなく「ライセンスのリセット」であるということだ。

例えば、評価版 Windows Server 2016 をオンライン環境で一度ライセンス認証を行い、オフライン環境に戻した状態で「slmgr -rearm」を実行することを考える。

結果は以下のどちらかになるはずだ。

  • 有効期限:180日
  • 有効期限:10日

実際にやってみると結果は後者の「10日」になる。

なぜなら、「slmgr -rearm」が行うのはあくまで「ライセンスのリセット」なのでライセンス認証が再度実施されるからだ。

オフライン環境ではライセンス認証に失敗する。結果として有効期限は「10日」になり、リセット可能回数が1減ることになる。

まとめ

  • 評価版のライセンスが180日にならないのはオンライン環境じゃないから
  • バージョンによって延長可能回数や有効期限が異なる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)