最安値保証WiFiと縛りなしWiFiを2台持ちが比較してみた

元ネットワークエンジニアのyyamaです。

引越に伴い固定回線が爆発四散してしまったので、NURO光を契約するまでの繋ぎとして最安値保証WiFi縛りなしWiFi2台を契約中です。

使用感としてはどちらも想像より遥かに優秀で、NURO光がキャンペーンをしていなければ、そのまま固定回線難民として生きていくことを受け入れていたかもしれません。

ただ、このページをご覧になっているということは、ポケットWiFi(モバイルルータ)を検討していて「最安値保証WiFi」か「縛りなしWiFi」のどちらか1台に決めたい、という思いがあるはずですので、今回は最安値保証WiFi」と「縛りなしWiFi」に争ってもらい、より優秀な方を炙りだしたいと思います。

最安値保証WiFiと縛りなしWiFiの比較

最安値保証WiFi縛りなしWiFiについて、以下の7項目を比較していきます。

  • 初期費用
  • 解約料(契約期間)
  • 月額料金
  • 通信制限
  • 通信速度
  • 端末の性能
  • 端末の見た目

なお、縛りなしWiFiは「2GB/日の通常プラン」と「〇〇GB/月のプラン」がありますが、今回は「通常プラン」を前提として比較します。

初期費用

まずは初期費用からです。

ポケットWiFi初期費用(税込)
最安値保証WiFi0円
縛りなしWiFi3300円

初期費用については、最安値保証WiFiが圧巻の0円

一方、縛りなしWiFiは事務手数料で3300円徴収されます。

初期費用が高いとそれだけで購入のハードルは高くなります。この勝負は最安値保証WiFiの圧勝と言えるでしょう。

解約料(契約期間)

最安値保証WiFi縛りなしWiFiの特徴と言えば、どちらも契約期間に制限が無く解約手数料が0円という点です。よってこの勝負は引き分けとなります。

ポケットWiFi解約料最低契約期間
最安値保証WiFi0円1ヶ月
縛りなしWiFi0円1ヶ月

解約手数料がおおよそ5,000円~20,000円前後かかってしまうポケットWiFi界隈において、この解約手数料が0円という点は途方もないほどの魅力です。

というより、解約料がかかってしまうポケットWiFiは契約しない方がいいと個人的には思っています。そんなもの契約する必要ないです。

恐らく多くの人が契約期間の縛りが無い(解約料がかからない)ということは「安かろう悪かろう」と考えていそうですが、実際のところ全くそのようなことはありません

元ネットワークエンジニアとしてリゾートホテルや自治体のネットワーク構築にも携わったことのある私が言うのだから、間違いないです。ええ、間違いないですとも!

月額料金

一番気になる月額料金の対戦結果ですよね。

ポケットWiFi月額料金(税込)
最安値保証WiFi3610円
縛りなしWiFi3993円

月額料金までもが最安値保証WiFiの勝利です。縛りなしWiFiに明日はあるのか。気になりますね。

通信制限

ポケットWiFiの検討事項として最も大事な要素の一つが通信可能な容量ですよね。結果はこんな感じです。

ポケットWiFi通信制限
最安値保証WiFi100GB/月
縛りなしWiFi2GB/日

縛りなしWiFiなんでいつも負けてしまうん・・・?

縛りなしWiFiは月換算すると2GB×31日なので、62GB/月というところです。

ちなみに、縛りなしWiFiには50GB/月のプランが存在しますが、月額料金は3,278円です。縛りなしWiFi…。

これは最安値保証WiFiの1人勝ち(2人中)ですかね。

通信速度

まだ慌てる時間ではありません。縛りなしWiFiの目は死んでいない。通信速度で勝負です。

なお、通信速度の計測は計測サイトによってムラがあることが多いので、5つのサイトで各5回計測し、その平均値をまとめています。

また、一般的に平日と休日、時間帯によって通信速度には波があります。利用者数の多い時間ほど回線は混雑するので通信が遅くなります。当然ですね。

今回は最も混雑するであろう平日(水曜)の20時30分~21時30分日曜の9時30分~10時30分土曜の20時30分~21時30分の間に計測しました。

平日夜GoogleUSENBNR
(画像版)
FASTSPEEDTEST
最安値保証WiFi16.46Mbps14.40Mbps18.03Mbps15.20Mbps19.47Mbps
縛りなしWiFi16.90Mbps17.37Mbps10.46Mbps16.8Mbps22.76Mbps
休日朝GoogleUSENBNR
(画像版)
FASTSPEEDTEST
最安値保証WiFi22.58Mbps18.78Mbps20.84Mbps19.40Mbps24.73Mbps
縛りなしWiFi20.12Mbps25.69Mbps11.34Mbps21.00Mbps23.62Mbps
休日夜GoogleUSENBNR
(画像版)
FASTSPEEDTEST
最安値保証WiFi16.52Mbps13.08Mbps14.88Mbps14.20Mbps16.65Mbps
縛りなしWiFi16.76Mbps14.15Mbps14.05Mbps19.20Mbps19.66Mbps

あまり差はないものの、通信速度勝負は縛りなしWiFiの勝利と言えるでしょう。

ここにきて縛りなしWiFiが反撃の狼煙を上げる。上げてほしい

ちなみに、通信制限されてしまった場合、最安値保証WiFiの通信速度は128Kbpsに制限されてしまいます。縛りなしWiFiは公式に速度が記載されていませんでしたが、同じく128Kbpsの制限でしょう。

この128Kbpsという通信制限中のインターネット閲覧は、母親がトップyoutuberになるくらい無理なことなので、制限中はインターネット通信が一切できないと思った方がいいです。

端末の性能

最後に端末の比較です。まずは性能から。

最安値保証WiFiは3機種、縛りなしWiFiは7機種端末を提供していますが、ユーザが端末を選ぶことはできません

実際手に取る端末の性能に幅があるという事で、全ての端末の最低値と最大値をまとめて表を作成してみました。

ポケットWiFi最大通信速度連続通信時間同時接続
最安値保証WiFi150Mbps~758Mbps8時間~9時間10台
縛りなしWiFi112.5Mbps~1.2Gbps8.5時間~20時間10台~16台
最安値保証WiFi
縛りなしWiFi

正直な話、端末性能に関しては縛りなしWiFiの圧勝です。

ただし理解してほしいことは、端末の最大通信速度を選択の基準にするのはやめるべき!ということです。

時折端末の最大通信速度を基に「このポケットWiFiはここより遅いです!」なんて言っている方がいますが、それは大きな間違いです。

最大通信速度はあくまで理論値であって、実際ボトルネックになるのは端末の上限速度ではなくインターネット側にある通信設備ですので、端末の最大通信速度を気にする必要はあまりありません

通信を中継してくれる設備の性能が原因で処理が滞っていた場合は1Gbpsでデータを送ろうと100Mbpsでデータを送ろうと変わらないですよね。

インターネット通信のボトルネックがどこで発生しているのか気になる方は以下のサイトなどを見てみるといいかもしれません。

参照:光インターネットが遅い原因とは?ボトルネックについて解説 | NURO Biz

端末の見た目

先ほど各ラインナップ一覧をご紹介しましたが、気になるのは実際にどの程度の使用感があるかですよね。実物を見てみましょう。

下図は私の手元にある端末です。左が最安値保証WiFiの端末、右が縛りなしWiFiの端末となります。

どうですか、この見た目の差。右の縛りなしWiFiの方が圧倒的に綺麗ですよね。左にある最安値保証WiFiの端末って傷だらけで中古感が凄いんですよね。

右の端末は縛りなしWiFiの端末の中で最も貧弱な端末ですが、それでも綺麗だし見た目も洗練されていて私は好きです。

勿論、最安値保証WiFiの端末も傷が多いというだけで、「醤油染みが付いている」的な汚さは無いのでそこまで気にならないかと思います。

対戦結果まとめ

長い戦いでしたが、結果をまとめると以下のようになりました。

ポケットWiFi初期費用(税込)解約料月額料金(税込)通信制限最大速度見た目
最安値保証WiFi0円0円3610円100G/月150Mbps~758Mbps
縛りなしWiFi3300円0円3993円2G/日112.5Mbps~1.2Gbps

最後に縛りなしWiFiが追い上げてきましたね。この結果を見て分かると思いますが、最終的には「お好みでどうぞ」レベルでどちらもサービスとしていい感じに仕上がっています

結論:どちらが優秀か

非常に結論を出し辛いのですが、最安値保証WiFi」の方が優秀である、とここでは結論付けようかと思います。

理由は単純明快、以下の3点で縛りなしWiFiより優れているからです。

  • 初期費用
  • 月額料金
  • 通信容量

やはりこの3点で勝っているのは格安ポケットWiFiとして大きなアドバンテージだと思います。

最安値保証WiFiは初期費用が0円なので、「とりあえず契約してみよう作戦」ができてしまいます。正直コスパは最高なので、「とりあえず」から「いつまでも」になるレベルのポケットWiFiです。本当にお勧めですのでぜひ使ってみてくださいね。

最安値保証WiFiにはない縛りなしWiFiのメリット

結論としては最安値保証WiFiの方が優れていると判断しましたが、縛りなしWiFiには最安値保証WiFiにないメリットがあります。

それは「2GB/日」という小刻みな速度制限です。

実際に私が経験した話ですが、最安値保証WiFiに接続中うっかりゲームのダウンロードを行ったことがあります。

そのゲームが30GBくらいのサイズがあり、気づいた時には月半ばで100GBに到達していた私は悲しみのあまりポケットWiFiをもう1台契約しました。結果、今の2台持ちスタイルになってしまったというわけです。

これが縛りなしWiFiだった場合、2GBに到達した時点で通信制限にかかってしまうので、そのような事態は防げたはずです。

まあ逆に言うと2GBを超えるダウンロードは縛りなしWiFiでは実質不可能ということでもあるんですが、それはさておきインターネット無しの生活に追い込まれることは無かったはずです。

最安値保証WiFiの方が優秀と結論付けたのとは裏腹に、固定回線の代わりにポケットWiFiの契約を考えている方には、最安値保証WiFiではなく縛りなしWiFiの契約をお勧めします。

理由は先述したように、インターネット無しの生活になることは無いからです。縛りなしWiFiは通信制限がかかってしまっても翌日には解除されています。

一方最安値保証WiFiは通信制限されてしまうと翌月までインターネットから締め出されてしまいます

この違いは非常に大きいです。実際のところ、私は縛りなしWiFiをメインにして制限がかかったら最安値保証WiFiに切り替えるという戦法を取っていますが、最安値保証WiFiの出番はほとんどありません

繰り返しますが、インターネット無しの生活に耐え得る強靭な肉体を持っていない方は縛りなしWiFiの方がオススメです。

ポケットWiFiを固定回線代わりにするのはやめましょう

最後にこれだけは言わせてください。ポケットWiFiは固定回線の代わりにはなりません

本当に通信制限の存在しないポケットWiFiなんて存在しませんし、無線という通信形態はどうしても通信が不安定になりがちです。

ポケットWiFiは基本的に「固定回線を使えない理由がある」場合に使用するものだと考えてください。

そして固定回線が使えない理由とは以下のどちらかではないでしょうか。

  1. 固定回線の初期費用が高い
  2. 賃貸なので固定回線の工事をしていいかが分からない

これ、今ならソニーが提供している「NURO光」という固定回線のキャンペーンで全て解決できます。

まず初期費用ですが、今なら0円です

通常、固定回線には開通工事が必要なので2万円~4万円程度の初期費用がかかりますが、これが0円です。もうこれだけでもNURO光を申し込むレベルです。私は申し込みました。

そして「賃貸だから工事していいか分からない」という問題。

私も賃貸の管理会社から「外壁への穴空けはNG」と言われてしまい途方に暮れていましたが、NURO光のサポートによると「とりあえず工事を手配して、当日ダメそうならその場でキャンセルしてもらっても費用はかからない」とのこと。

私はそれで実際に業者に来てもらい、結果穴空けは不要という判断でそのままNURO光を導入することができました。

そして、今なら申し込むだけで半年後に4万5千円がキャッシュバックされるという、普通なら考えられないキャンペーンをしています。

「同時にこれを契約したら~」とかではなく、今なら工事0円のうえ45000円が貰えます。私は長らくIIJ信者でしたが、NURO光に乗り換えました。

このキャンペーン中に申し込んでおかないと本気で後悔すると思います。

固定回線は時間もかかるし面倒だし~という理由で毛嫌いしている方も、確実に得するキャンペーンなのでまずは申し込んでみるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)