Zabbix エージェントのインストール方法(Linux、Windows)

Zabbix エージェントのインストール方法(CentOS7.6、Windows2016)を記載します。なお、Zabbix サーバのインストール/構築手順は以下の記事を参照してください。

Linux へのエージェントインストール

CentOS へ Zabbix エージェントをインストールします。まずはリポジトリを追加してください。

[root@linux-sv01 ~]# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.0-2.el7.noarch.rpm

リポジトリ追加後に Zabbix エージェントをインストールします。

[root@linux-sv01 ~]# yum instaal zabbix-agent

次に Zabbix エージェントの設定を行います。/etc/zabbix/zabbix_agentd.conf を以下のように修正してください。

# Server=127.0.0.1
Server=192.168.11.200

# ServerActive=127.0.0.1
ServerActive=192.168.11.200

# Hostname=Zabbix server
Hostname=linux-sv01

Server と ServerActive は Zabbix サーバの IP アドレス、Hostname は自分自身のホスト名を設定します。修正後に zabbix-agent を起動します。

[root@linux-sv01 ~]# systemctl start zabbix-agent
[root@linux-sv01 ~]# systemctl enable zabbix-agent

Windows へのエージェントインストール

Download and install Zabbix から Windows 用のエージェントを zip でダウンロードします。64bitOS の場合は amd64、32bitOS の場合は i386 をダウンロードしてください。

解凍後、任意のフォルダ(ここでは C:\Program Files\ZabbixAgent)に bin と conf フォルダを移動します。移動後、conf フォルダにある zabbix_agentd.conf をテキストエディタで開き以下のように修正してください。

# Server=127.0.0.1
Server=192.168.11.200

# ServerActive=127.0.0.1
ServerActive=192.168.11.200

# Hostname=Windows host
Hostname=WINDOWS-SV01

修正後に以下のコマンドを実行し Zabbix エージェントをインストールします。

C:\Program Files\ZabbixAgent\bin> zabbix_agentd.exe -c "C:\Program Files\ZabbixAgent\conf\zabbix_agentd.conf" -i

インストールするとサービスに “Zabbix Agent” が追加されます。通常はインストール後すぐに開始されていますが、もし開始していなかった場合は手動で開始ししてください。

NTP を設定する

Zabbix のログは OS の時刻のまま保存されるため、NTP で時刻を同期することは非常に重要です。必ず設定するようにしておきましょう。

以上で Zabbix エージェントのインストールは完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)