nmap の導入と使い方

nmap のインストール

Redhat 系の場合、nmap のインストールは以下の yum コマンドで実行できます。

yum intall nmap

nmap を使ったポートチェック

nmap の使い方は非常にシンプルです。以下のように、-p オプションでポート番号を指定するだけ。

nmap -p ポート番号 IPアドレス

例えば BIND(named) がダウンしている場合、以下のように STATE が closed となります。

[root@localhost ~]# nmap -p 53 10.0.0.1

Starting Nmap 6.40 ( http://nmap.org ) at 2020-06-24 20:41 JST
mass_dns: warning: Unable to determine any DNS servers. Reverse DNS is disabled. Try using --system-dns or specify valid servers with --dns-servers
Nmap scan report for 10.0.0.1
Host is up (0.00049s latency).
PORT   STATE  SERVICE
53/tcp closed domain

Nmap done: 1 IP address (1 host up) scanned in 0.43 seconds

BIND(named) を start すると、以下のように STATE が open に変化します。

[root@localhost ~]# nmap -p 53 10.0.0.1

Starting Nmap 6.40 ( http://nmap.org ) at 2020-06-24 20:42 JST
mass_dns: warning: Unable to determine any DNS servers. Reverse DNS is disabled. Try using --system-dns or specify valid servers with --dns-servers
Nmap scan report for 10.0.0.1
Host is up (0.00056s latency).
PORT   STATE SERVICE
53/tcp open  domain

Nmap done: 1 IP address (1 host up) scanned in 0.42 seconds

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)