お名前ドットコムで取得したドメインの「ネームサーバ変更」の意味について

本ブログは wpX を利用しているのですが、お名前ドットコムで独自ドメインを取得した場合、下図のようにネームサーバを変更しなければなりません。

このネームサーバの変更の意味について、きちんと理解している方は少ないんじゃないでしょうか。ちなみに、以下の記事を読んだ方はなんとなくこの仕組みが分かると思います。

お名前ドットコムはレジストラ

まず、前提としてお名前ドットコムはレジストラです。

レジストラはユーザからの利用要求を取りまとめ、TLD のネームサーバを管理しているレジストリに対し、ユーザが取得したドメインのネームサーバ情報等を登録申請として提出します。

例えば yamashiro.blog. というドメインを取得した場合、blog を管理しているレジストリに対して「blog のネームサーバに yamashiro.blog. のネームサーバ情報を登録してください。ネームサーバは〇〇です。」と申請します。この時、お名前ドットコムは〇〇のネームサーバに自身が管理しているネームサーバである dns1.onamae.com を伝えます。

ネームサーバの変更とは

お名前ドットコムで取得したドメインのネームサーバを wpx が用意したネームサーバに変更するということは、blog. のネームサーバに「ネームサーバは dns1.onamae.comです」と申請していたものを「やっぱりネームサーバは ns1.wpx.ne.jp です」と申請しなおすということです。以下のような流れになります。

  1. blog. ネームサーバの yamashiro.blog. の NS レコードの値を ns1.wpx.ne.jp. に変更する申請をレジストリへ提出
  2. ネームサーバ ns1.wpx.ne.jp. に yamashiro.blog. のゾーンファイルを作成
  3. ゾーンファイルにレンタルサーバ(wpx)の A レコードを記述

これが外部ネームサーバを利用している場合のドメインの移管方法です。単純に言うと、委任元の親ドメインの NS レコードを書き換えてもらってネームサーバにゾーンファイルを用意するだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)