Windows Server 2012 のシャットダウンを GUI から行う方法

「Modern UI」が採用された Windows Server 2012 にはスタートボタンが存在しない。

結果、シャットダウンボタンも消失してしまった

Windows Server 2012

Windows Server 2012 デスクトップ

デスクトップ左下をクリックすることで「スタート画面」を開くことが可能だが、そこにもシャットダウンができそうな項目は存在しない。

Windows Server 2012 スタート画面

Windows Server 2012 スタート画面

本記事では Windows Server 2012 の GUI でのシャットダウン方法を3つ紹介する。

シャットダウン方法① 「チャームバー」から行う

1つ目の方法は「チャームバー」からシャットダウンを行う方法だ。

この方法が Windows Server 2012 における最も基本的なシャットダウン方法(少なくとも Microsoft 的には)になろうだろう。

Modern UI ではデスクトップ右上隅、もしくは右下隅にカーソルを合わせることで「チャームバー」と呼ばれる縦長のメニューバーが出現する。

「チャームバー」の一番下にある「設定」をクリックする。

Windows Server 2012 チャームバー

Windows Server 2012 チャームバー

その中に「電源」とかかれたアイコンがあるのでクリックする。ここから「シャットダウン」もしくは「再起動」が実行できる。

シャットダウン方法② 「サーバー マネージャー」から行う

2つ目の方法は「サーバー マネージャー」からシャットダウンを行う方法だ。

「サーバー マネージャー」の「ローカル サーバー」を開き、「ローカル サーバーのシャットダウン」をクリックすることでシャットダウンができる。

シャットダウン方法③「Ctrl + Alt + Del」から行う

Ctrl + Alt + Del」からシャットダウンを行うこともできる。

キーボードで Ctrl、Alt、Del を同時に押すと下図の画面になるので、画面右下の電源アイコンをクリックすることで「シャットダウン」もしくは「再起動」が実行できる。

Windows Server 2012 R2 のシャットダウン方法

「Windowsを終了するにはスタートボタンを押す」ことはしばしばインタフェースの問題点として指摘される。Windows8で一度廃止されたが、ユーザから不評であったため、Windows8.1で復活した。ただし、このスタートボタンはスタート画面を呼び出すためのものである。Windows10ではスタートメニューも(スタート画面の要素を取り入れて)復活した。

Quote:Wikipedia

やはり不満が多かったのか、Windows Server 2012 R2 ではスタートボタンが復活している。

Windows Server 2012 R2 デスクトップ

Windows Server 2012 R2 デスクトップ

スタートボタンを押すと「スタート画面」に移行するのは変わっていないが、電源ボタンが増えている。

Windows Server 2012 R2 スタート画面

Windows Server 2012 R2 スタート画面

Windows Server 2012 R2 からはシャットダウン方法に悩む必要はなさそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)