添付品確認の重要さを語る

添付品とは

サーバやスイッチを購入すると色々と付属しているものがあります。いわゆる添付品です。

メインとなる機械が入っていないことはありませんが、添付品が付属されていないということは時々あります。

問題なのは添付品に対する意識と気づくタイミングです

添付品に対する意識

添付品に対して意識を向けていなかった場合、箱から添付品を出したら基本的に記憶から消えます。何が入っていて何が入っていなかったのかがわからないのです。

特に重要なのがラッキング用のレールやブラケットです。これらが添付されているかは箱を開けた時点で確認しましょう。

というよりは、機械とラッキング用の工具はセットで確認するようにしましょう。

気づくタイミング

ラッキングする時になって気づくのが最悪のパターンです。それが添付されていたのか、それとも最初から入っていなかったかが記憶にない場合は更に最悪です。多くの時間を無駄にします。

結論

箱を開けたときは、添付品(特にレールとブラケット)が同梱されているか確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)