Windows Server でシステムエラーを発生させ、メモリダンプを取得する方法

システムエラー(メモリダンプ)を発生させたい!

日本人って、いつかはシステムエラーを人為的に発生させたくなります。例えばクラスタのフェイルオーバテストだとかダンプ解析の勉強だとか。。。

で、Windows Server でそれが実現可能なのかというと、可能です。システムエラー(メモリダンプ)は手動で発生させることができます。

Windows Server 2019 でテスト

システムエラーのテストとして Windows Server 2019 を用意しました。

レジストリの設定

システムエラーを手動で発生するためには、以下のレジストリを作成する必要があります。

場所:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\kbdhid\Parameters

名前:CrashOnCtrlScroll

種類:REG_DWORD

値:1

上記レジストリを作成した後は再起動するか、USB キーボードを抜き差ししてください

ダンプの取得方法

右の CTRL キーを押しながら ScrollLock キーを 2 回押下します。

左の CTRL キーだと反応しないので注意してください。

以上でシステムエラーが発生します。

VirtualBox でテストする場合

手動によるメモリダンプの取得ですが、実は仮想環境でも可能です。同じようにレジストリを設定した後に、以下の記事を参考に USB キーボードを仮想マシンに割り当てます。

VirtualBox 上の仮想マシンに USB キーボードを認識させる方法

割り当て後に 右 CTRL + ScrollLock キー2回で物理環境と同じようにシステムエラーを発生させることが可能です。

参考リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)